年末年始休業についてのご案内

 

拝啓 師走の候、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

 

さて、CCアーキテクト株式会社では年末年始の休業日につきまして、下記のとおり休業日とさせていただきます。
皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承いただきますようお願い申し上げます。

 

敬具

 

■年末年始休業日
2022年12月29日(木)~2023年1月3日(火)

※2023年1月4日(水)より、通常営業を開始いたします。
※お問い合わせにつきましては、2023年1月4日(水)以降ご連絡させて頂きます。

【サポート情報】【重要】3CX アクティベーションサーバのSSL証明書更新に伴う対応について

先日3CXV18アップデート5が正式リリースされました。アップデートに伴い、3CXサーバがアクティベーションに使用するサーバへ接続するために必要なSSL証明書が更新されました。
このため、3CXV18アップデート4以前の3CXサーバではライセンスのアップデートにおいて問題が発生します。
ライセンスの更新を行う際は、3CXV18アップデート5へのアップデートが必須となりますのでご注意ください。

【サポート情報】Anynode4.8がリリースされました。

Anynode4.8がリリースされました。主な新機能は以下の通りです。

・Zoom Phoneに認定されました
anynodeは、Zoom Phone Premise Peering (BYOC - Bring Your Own Carrier) の認定を取得しました。
① Zoom Phoneを既存のPBXに接続
② 簡単な移行、構成、導入
③ 世界中に展開可能

・Microsoft Operator Connect
anynodeフロントエンドでのMicrosoft Teams Direct Routing への既存の接続オプションは、Microsoft Operator Connect 用の追加の定義済みシステムプロファイルによって拡張されました。
① Teamsを電話システムとして簡単にセットアップ
② Microsoft Operator Connect の定義済みシステムプロファイル
③ ウィザードがサポートする段階的な設定

・Azure Communication Servicesに認定されました
anynodeは、Azure Communication Services(ACS)認定を取得しました。
① 音声通話とビデオ通話、リッチテキストチャット、SMS、電子メールをアプリケーションに統合できます
② anynode ACS Node Assistantを使用して既存のシステムに簡単に接続できます

・Dial String Rewritingのインポートとエクスポート
anynodeは、「Dial String Rewriting」を使用して、着信先および発信元の電話番号の柔軟な処理を可能にします。
① 他のノードでの複雑なDial String Rewritingの再利用
② ウィザードによるインポートとエクスポート
③ シンプルなJSON形式
④ シンプルなテキストエディタによる編集の可能性

・Teams証明書の移行
2023年以降、Microsoftが使用する証明書は、Baltimore CyberTrustルートCAによる署名からDigiCertグローバル ルートCA による署名に移行します。両方のルートCA証明書をanynodeの信頼できる証明書リストに入力する必要があります。anynode 4.8 は、認証局 (CA) の自動更新を可能にし、Microsoftのすべての要件に準拠しています。
・検索機能
① オブジェクト内の設定値と機能の迅速な検索
② より正確な検索結果 (特定のノードなど) のためのフィルター機能

・条件付きイベント
Monitorモードのイベントで下記の機能を実現:
① セッション数など、自己作成の条件付きイベントをトリガー
② Microsoft Teams チャット、SMS、または電子メールイベントを介したイベント トランスポート プッシュ通知を使用して、警告、情報、またはエラーメッセージとして表示します。

・新しいイベントフィルター
anynode 4.8のフィルター機能を通じて、イベントのリスト全体を含めたり除外したりできるようになりました。
① 快適なフィルター機能
② 設定可能なイベントトランスポートの複数の条件
③ イベントトランスポートのための特別なノードの決定

・冗長メディア記録
① 冗長音声録音によるフェイルセーフ
② 録音の個別オプション
③ ウィザードがサポートする設定

・メディア録音のミュート/ミュート解除
① 機密データの音声録音をミュートする
② REST経由で制御可能
③ 外部アプリケーションへの統合が可能

・LDAP認証サーバーのフォールバック
① anynodeフロントエンドのフェイルセーフ アクセスセキュリティの向上
② ウィザードがサポートする設定
③ 複数のホスト名が可能

・anynode Route Supervision
① 宛先ノードの動的選択
② ルーティング宛先の外部決定
③ 監視サーバーとルート監視ディレクトリのサポート

・anynodeウィザード
① ウィザードがサポートする設定
② 定義済みのプロファイルと継続的な拡張
③ 多くの PBX およびプロバイダーとの互換性
④ 入力値の自動決定:ポート、リモートSIP ドメインなど

・開発者向けの新機能
① 拡張ヘルプ テキスト
② 通話履歴タイムアウトの延長
③ タブと詳細レベルを記憶
④ OpenSSL ライブラリの更新 (バージョン 3.0.7)

詳しい内容は下記にてご覧ください。

http://cc-arc.com/wp-content/uploads/2013/04/anynode_New_Features_4_8englisch-1.pdf

【プレスリリース】CCアーキテクトが「コールセンター/CRM デモ&コンファレンス 2022 in 東京 (第23回)」に出展

CCアーキテクト株式会社 (本社:東京都中央区 以下CCアーキテクト)は2022月11月10日(木)から11月11日(金)までサンシャインシティ・文化会館ビルで開催されるコールセンター向けの展示会「コールセンター/CRM デモ&コンファレンス 2022 in 東京 (第23回)」に出展します。

詳細はこちらへ。

【新サービス】3CXクラウドへのひかり電話を収容するCCEDGEオプションが選択可能となりました。

拠点に引き込まれているひかり電話回線を3CXクラウドで利用する際、拠点にゲートウェイ装置を設置するだけでひかり電話回線が利用できるCCEDEオプションが利用可能となりました。

詳しくは下記にてご覧ください。
http://cc-arc.com/wp-content/uploads/2013/04/CCEDGE.pdf

【サポート情報】Fanvil XUシリーズの新チップセット対応バージョンについて

Fanvil XUシリーズに関して、Fanvil社より新チップセット対応版リリースに伴う連絡がありましたのでお知らせします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Fanvilのセールスマネージャー、Jason Liuです。

このたび、既存のXUシリーズIP PhoneをV2バージョンにアップグレードする予定であることをお知らせします。V2バージョンには新しい強力なチップセットを実装されます。現在のXUチップセットの供給終息のため、私たちは一定の電話機の生産を維持することができずX1シリーズの注文を満たすことを保証することができません。そこで、安定した供給を約束できる新しいチップセットの開発に着手しました。この新しい強力なチップセットによって、XU Phoneの性能も強化され、改善されることになります。XUは3者間通話をサポートしているが、新しいXU V2は6者間の音声会議をサポートします。XU V2の起動速度は、XUよりも約20秒速くなりました。
Bluetoothの互換性も向上し、Airpodsと連携してより安定して動作するようになりました ※1。
また、基本的にXU V2の機能は、XU V1版との互換性を保っています。

XU V2 は2022年10月以降順次出荷されます。XUシリーズは、特定の要件がある場合、2022年末まではXU V1についても購入可能ですが、2023年第1四半期に販売終了を予定しています。

弊社の製品ロードマップをご理解いただきたくお願いします。

ご不明な点がございましたら、遠慮なくお問い合わせください。

※1 日本国内で販売されているXUシリーズは2022年11月現在Bluetoothを搭載していないX4Uのみとなりますので本記載は影響ありません。

CCアーキテクトとしましては、上記を受けて2022年11月以降、順次Fanvil XUシリーズをV2版に移行して参ります。特定要件でV1機器が必要なお客様に置かれましては、担当営業までご相談ください。

【サポート情報】3CXクラウド・アップデートポリシーに関するお知らせ

平素は3CXクラウドシステムをご利用いただき、誠にありがとうございます。
3CX社より、3CXシステムの機能向上、セキュリティ対策、稼働安定を目的としたシステムアップデートのリリースが行われております。
3CXクラウドサービスでご利用いただいております3CXシステムにおきましても、必要に応じ不定期でアップデートを実施しておりましたが セキュリティ向上や不具合修正の観点から、定期的にメンテナンスを行う運びとなりました。

※オンプレミスサブスクリプション契約のお客様も含まれます。
※一部のソリューション対応のお客様、オートアップデート対象のお客様は定期アップデートの対象外となります。

——————————————————————————-

3CXクラウド・アップデートに関する基本ポリシー

——————————————————————————-

アップデートスパン:3カ月毎。
適用バージョン:アップデート実施日の概ね1か月前までにリリースが行われたBETAバージョンを除く最新バージョン。
メンテナンス時間:火曜日 20時~24時の間で15分程度のサービス停止。
告知:作業予定日2週間前にメールにて作業実施日を告知致します。また作業予定日当日の昼頃にリマインドメールの送信を行います。
終了告知:作業完了後、メールにてご連絡致します。
例外に関しまして:脆弱性対応に伴う緊急適用が必要なセキュリティアップデートに関しましては、上記アップデートスパン外での実施もございます。

またアップデート実施以降、次回実施予定日1か月前までに新バージョンのリリースがない時、作業は行われません。

——————————————————————————-

■年間の実施計画
2月/5月/8月/11月 となります。

本件に関するお問い合わせは、下記のメールアドレスまたは サポートポータルログイン後、サポートチケットの起票をお願いいたします。

メールアドレス:support@cc-arc.co.jp
サポートポータル: https://portal.cc-arc.com/

※ログイン後 サポート案件一覧>新規サポート案件のオープン より起票
3CXシステム バージョンリリースの履歴はこちらをご参照ください: https://www.3cx.com/blog/change-log/phone-system-change-log/

【サポート情報】3CXクラウド環境でのスマートフォンアプリケーションに関しまして

平素は3CXクラウドシステムをご利用いただき、誠にありがとうございます。
3CXクラウド環境で、ご利用いただいておりますスマートフォンアプリケーションですが、
動作に関しまして、特段の不具合が発生していない場合、継続して利用を行っていただくことも可能ですが、
セキュリティ向上や不具合修正の観点から、最新版のご利用を推奨しております。

また、アプリケーション動作にて動作不具合が見受けられた場合、メーカーからは切り分けのためアプリケーションのアップデート依頼がまいります。
アプリケーションをご使用いただいてる、スマートフォンのOSiOSバージョン)なども、
特に古いバージョンをご使用の場合、3CXアプリケーションの機能に影響を及ぼす事例もございました。
その為、こちらもアプリケーション動作にて動作不具合が見受けられた場合、メーカーからは切り分けのためOSのアップデート依頼がまいります。

別紙レター「3CXクラウド・アップデートポリシーに関するお知らせ」にてご案内の通り、3CXクラウドシステムの定期的なバージョンアップが行われますので、 お客様社内のポリシーに基づき、システムのアップデート以降に、ご利用のスマートフォンアプリケーションのアップデートも実施頂ければと存じます。

iOSアプリケーション
「3CX」をApp Storeで (apple.com)

Androidアプリケーション
3CX – Google Play のアプリ

【サポート情報】VOPTECH V60、S4Pの販売終了について

【概要】
IP電話シリーズとして提供してまいりましたVOPTECH V60、VOPTECH S4Pについて、販売を終了することになりました。
長期にわたってご愛好いただきありがとうございます。

販売終了日は2022年9月30日となります。販売は終了いたしますが、サポートについては継続して対応いたしますのでご安心ください。EOSについては決まり次第ご連絡いたします。
また、VOPTECHS4Pのギガポート対応版であるVOPTECH S4Gは継続して販売いたします。

後継機種については、以下をご案内しております。
VOPTECH V60 → Fanvil X7A
VOPTECH S4P → VOPTECH S4G

今後ともVOPTECHをよろしくお願いします。