【サポート情報】【重要】3CX アクティベーションサーバのSSL証明書更新に伴う対応について

先日3CXV18アップデート5が正式リリースされました。アップデートに伴い、3CXサーバがアクティベーションに使用するサーバへ接続するために必要なSSL証明書が更新されました。
このため、3CXV18アップデート4以前の3CXサーバではライセンスのアップデートにおいて問題が発生します。
ライセンスの更新を行う際は、3CXV18アップデート5へのアップデートが必須となりますのでご注意ください。

【サポート情報】Anynode4.8がリリースされました。

Anynode4.8がリリースされました。主な新機能は以下の通りです。

・Zoom Phoneに認定されました
anynodeは、Zoom Phone Premise Peering (BYOC - Bring Your Own Carrier) の認定を取得しました。
① Zoom Phoneを既存のPBXに接続
② 簡単な移行、構成、導入
③ 世界中に展開可能

・Microsoft Operator Connect
anynodeフロントエンドでのMicrosoft Teams Direct Routing への既存の接続オプションは、Microsoft Operator Connect 用の追加の定義済みシステムプロファイルによって拡張されました。
① Teamsを電話システムとして簡単にセットアップ
② Microsoft Operator Connect の定義済みシステムプロファイル
③ ウィザードがサポートする段階的な設定

・Azure Communication Servicesに認定されました
anynodeは、Azure Communication Services(ACS)認定を取得しました。
① 音声通話とビデオ通話、リッチテキストチャット、SMS、電子メールをアプリケーションに統合できます
② anynode ACS Node Assistantを使用して既存のシステムに簡単に接続できます

・Dial String Rewritingのインポートとエクスポート
anynodeは、「Dial String Rewriting」を使用して、着信先および発信元の電話番号の柔軟な処理を可能にします。
① 他のノードでの複雑なDial String Rewritingの再利用
② ウィザードによるインポートとエクスポート
③ シンプルなJSON形式
④ シンプルなテキストエディタによる編集の可能性

・Teams証明書の移行
2023年以降、Microsoftが使用する証明書は、Baltimore CyberTrustルートCAによる署名からDigiCertグローバル ルートCA による署名に移行します。両方のルートCA証明書をanynodeの信頼できる証明書リストに入力する必要があります。anynode 4.8 は、認証局 (CA) の自動更新を可能にし、Microsoftのすべての要件に準拠しています。
・検索機能
① オブジェクト内の設定値と機能の迅速な検索
② より正確な検索結果 (特定のノードなど) のためのフィルター機能

・条件付きイベント
Monitorモードのイベントで下記の機能を実現:
① セッション数など、自己作成の条件付きイベントをトリガー
② Microsoft Teams チャット、SMS、または電子メールイベントを介したイベント トランスポート プッシュ通知を使用して、警告、情報、またはエラーメッセージとして表示します。

・新しいイベントフィルター
anynode 4.8のフィルター機能を通じて、イベントのリスト全体を含めたり除外したりできるようになりました。
① 快適なフィルター機能
② 設定可能なイベントトランスポートの複数の条件
③ イベントトランスポートのための特別なノードの決定

・冗長メディア記録
① 冗長音声録音によるフェイルセーフ
② 録音の個別オプション
③ ウィザードがサポートする設定

・メディア録音のミュート/ミュート解除
① 機密データの音声録音をミュートする
② REST経由で制御可能
③ 外部アプリケーションへの統合が可能

・LDAP認証サーバーのフォールバック
① anynodeフロントエンドのフェイルセーフ アクセスセキュリティの向上
② ウィザードがサポートする設定
③ 複数のホスト名が可能

・anynode Route Supervision
① 宛先ノードの動的選択
② ルーティング宛先の外部決定
③ 監視サーバーとルート監視ディレクトリのサポート

・anynodeウィザード
① ウィザードがサポートする設定
② 定義済みのプロファイルと継続的な拡張
③ 多くの PBX およびプロバイダーとの互換性
④ 入力値の自動決定:ポート、リモートSIP ドメインなど

・開発者向けの新機能
① 拡張ヘルプ テキスト
② 通話履歴タイムアウトの延長
③ タブと詳細レベルを記憶
④ OpenSSL ライブラリの更新 (バージョン 3.0.7)

詳しい内容は下記にてご覧ください。

http://cc-arc.com/wp-content/uploads/2013/04/anynode_New_Features_4_8englisch-1.pdf

【サポート情報】Fanvil XUシリーズの新チップセット対応バージョンについて

Fanvil XUシリーズに関して、Fanvil社より新チップセット対応版リリースに伴う連絡がありましたのでお知らせします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Fanvilのセールスマネージャー、Jason Liuです。

このたび、既存のXUシリーズIP PhoneをV2バージョンにアップグレードする予定であることをお知らせします。V2バージョンには新しい強力なチップセットを実装されます。現在のXUチップセットの供給終息のため、私たちは一定の電話機の生産を維持することができずX1シリーズの注文を満たすことを保証することができません。そこで、安定した供給を約束できる新しいチップセットの開発に着手しました。この新しい強力なチップセットによって、XU Phoneの性能も強化され、改善されることになります。XUは3者間通話をサポートしているが、新しいXU V2は6者間の音声会議をサポートします。XU V2の起動速度は、XUよりも約20秒速くなりました。
Bluetoothの互換性も向上し、Airpodsと連携してより安定して動作するようになりました ※1。
また、基本的にXU V2の機能は、XU V1版との互換性を保っています。

XU V2 は2022年10月以降順次出荷されます。XUシリーズは、特定の要件がある場合、2022年末まではXU V1についても購入可能ですが、2023年第1四半期に販売終了を予定しています。

弊社の製品ロードマップをご理解いただきたくお願いします。

ご不明な点がございましたら、遠慮なくお問い合わせください。

※1 日本国内で販売されているXUシリーズは2022年11月現在Bluetoothを搭載していないX4Uのみとなりますので本記載は影響ありません。

CCアーキテクトとしましては、上記を受けて2022年11月以降、順次Fanvil XUシリーズをV2版に移行して参ります。特定要件でV1機器が必要なお客様に置かれましては、担当営業までご相談ください。

【サポート情報】3CXクラウド・アップデートポリシーに関するお知らせ

平素は3CXクラウドシステムをご利用いただき、誠にありがとうございます。
3CX社より、3CXシステムの機能向上、セキュリティ対策、稼働安定を目的としたシステムアップデートのリリースが行われております。
3CXクラウドサービスでご利用いただいております3CXシステムにおきましても、必要に応じ不定期でアップデートを実施しておりましたが セキュリティ向上や不具合修正の観点から、定期的にメンテナンスを行う運びとなりました。

※オンプレミスサブスクリプション契約のお客様も含まれます。
※一部のソリューション対応のお客様、オートアップデート対象のお客様は定期アップデートの対象外となります。

——————————————————————————-

3CXクラウド・アップデートに関する基本ポリシー

——————————————————————————-

アップデートスパン:3カ月毎。
適用バージョン:アップデート実施日の概ね1か月前までにリリースが行われたBETAバージョンを除く最新バージョン。
メンテナンス時間:火曜日 20時~24時の間で15分程度のサービス停止。
告知:作業予定日2週間前にメールにて作業実施日を告知致します。また作業予定日当日の昼頃にリマインドメールの送信を行います。
終了告知:作業完了後、メールにてご連絡致します。
例外に関しまして:脆弱性対応に伴う緊急適用が必要なセキュリティアップデートに関しましては、上記アップデートスパン外での実施もございます。

またアップデート実施以降、次回実施予定日1か月前までに新バージョンのリリースがない時、作業は行われません。

——————————————————————————-

■年間の実施計画
2月/5月/8月/11月 となります。

本件に関するお問い合わせは、下記のメールアドレスまたは サポートポータルログイン後、サポートチケットの起票をお願いいたします。

メールアドレス:support@cc-arc.co.jp
サポートポータル: https://portal.cc-arc.com/

※ログイン後 サポート案件一覧>新規サポート案件のオープン より起票
3CXシステム バージョンリリースの履歴はこちらをご参照ください: https://www.3cx.com/blog/change-log/phone-system-change-log/

【サポート情報】3CXクラウド環境でのスマートフォンアプリケーションに関しまして

平素は3CXクラウドシステムをご利用いただき、誠にありがとうございます。
3CXクラウド環境で、ご利用いただいておりますスマートフォンアプリケーションですが、
動作に関しまして、特段の不具合が発生していない場合、継続して利用を行っていただくことも可能ですが、
セキュリティ向上や不具合修正の観点から、最新版のご利用を推奨しております。

また、アプリケーション動作にて動作不具合が見受けられた場合、メーカーからは切り分けのためアプリケーションのアップデート依頼がまいります。
アプリケーションをご使用いただいてる、スマートフォンのOSiOSバージョン)なども、
特に古いバージョンをご使用の場合、3CXアプリケーションの機能に影響を及ぼす事例もございました。
その為、こちらもアプリケーション動作にて動作不具合が見受けられた場合、メーカーからは切り分けのためOSのアップデート依頼がまいります。

別紙レター「3CXクラウド・アップデートポリシーに関するお知らせ」にてご案内の通り、3CXクラウドシステムの定期的なバージョンアップが行われますので、 お客様社内のポリシーに基づき、システムのアップデート以降に、ご利用のスマートフォンアプリケーションのアップデートも実施頂ければと存じます。

iOSアプリケーション
「3CX」をApp Storeで (apple.com)

Androidアプリケーション
3CX – Google Play のアプリ

【サポート情報】VOPTECH V60、S4Pの販売終了について

【概要】
IP電話シリーズとして提供してまいりましたVOPTECH V60、VOPTECH S4Pについて、販売を終了することになりました。
長期にわたってご愛好いただきありがとうございます。

販売終了日は2022年9月30日となります。販売は終了いたしますが、サポートについては継続して対応いたしますのでご安心ください。EOSについては決まり次第ご連絡いたします。
また、VOPTECHS4Pのギガポート対応版であるVOPTECH S4Gは継続して販売いたします。

後継機種については、以下をご案内しております。
VOPTECH V60 → Fanvil X7A
VOPTECH S4P → VOPTECH S4G

今後ともVOPTECHをよろしくお願いします。

【サポート情報】3CX V18アップデート5正式リリース

3CX V18アップデート5が正式リリースされました。

主要な変更点・新機能は下記となります。

・ライブチャット機能が大幅アップグレードされました。

追加のスタイル:3つのバブルアイコンとチャットボックスアニメーションから選択します(上にスライド、横からスライド&フェードイン)

挨拶のカスタマイズ: 独自のイントロ挨拶とオンライン/オフラインの挨拶を設定します。会話の開始時、最初のメッセージ時、および終了時の自動応答。

エージェントオプション: エージェントの名前とアバターを表示するか、デフォルトの「一般的な」チームエージェント名とイメージを選択するかを選択します。

事前定義されたメッセージ応答が可能となりました:「マネージャ」権限を持つユーザは、グループに対して必要な数のクイックレスポンステンプレートを作成および変更できるようになりました。

Webクライアントからの管理機能が実装されました。

管理コンソールへの「システム管理」アクセス権を持つユーザーは、Web クライアントから直接、グループ内のユーザーまたはすべてのシステム・ユーザーをすばやく簡単に編集できるようになりました。

・一部電話機のEOLに伴う設定変更のご案内

サポート終了(EOL)を迎えた、Fanvil、Yealink、およびSnomの一部の電話機は、3CX経由で安全にプロビジョニングできなくなり、手動で再構成する必要があります。

・スマートフォンアプリ、V16サポートが終了します。

アンドロイドとiOSのアプリはV18でのみ接続。ご利用が可能となります。

・インスタンスマネージャ(3CXクラウド上のインスタンス管理機能)のご利用が非推奨となります。

以前のリリースビルドはすべて、インスタンスマネージャと通信しなくなります。

SIP PRACK(Provisional response acknowledgement)をサポートしました。

SIP PRACK 方式は、SIP での暫定応答の信頼性が高く順序付けられた配信を保証します。PSTN のような相互運用性の問題を改善し、180 リンギングや 183 アーリーメディアなどの 1xx の暫定メッセージの信頼性の高い送信を可能にします。

・Facebook連携がEOLとなりました。

 

・レガシーメッセージ機能が廃止されました。

古いメッセージング機能は、Update 6で削除されます。Update 5にアップグレードする場合は、古い構成を削除し、新しい簡略化された方法でやり直す必要があります。メッセージング プロキシは、今後の更新で非推奨になります。

 

※本メッセージは、日本のお客様に重要と思われる情報をCCアーキテクトが抽出しています。

※変更項目のすべてについてはリンク先を参照ください。: https://www.3cx.com/blog/category/releases/

【サポート情報】3CXクラウド環境でのIP電話機の更新に関しまして

平素は3CXクラウドシステムをご利用いただき、誠にありがとうございます。
3CXクラウド環境で、ご利用いただいておりますIP電話機ですが、
サポート終了(EOL)を迎えた、Fanvil、Yealink、およびSnomの一部の電話機では、
3CX経由で安全にプロビジョニングできなくなり、手動で再構成する必要がございます。

■告知原文URL
Whatsapp integration now added to V18 Update 5 Final (3cx.com)

■対象の機種と設定ガイドへのリンク
————————————————————————————

Fanvil EOL series: C400, C600, iW30

Yealink EOL series: T29G, T41P, T42G, T46G, T48G, W52P (DECT), W56P (DECT)

Snom EOL series: 320,370, 821, PA1, M700 (DECT)

なお、弊社よりご提案ならびにご導入を頂いております電話機に関しましては 上記機種に該当はございません。

【サポート情報】VOPTECH VG3XEシリーズに対応したファームウェアがアップデートしました 2.0.6.367

【概要】
VG3XEシリーズのファームウェア 2.2.0.6.371_P1(ジェネラルリリース版)がリリースされました。
【対象機器】
VG3XE( HW Rev3.0.0、SW NGW2.2.0.6_367.P1.XX.XX ※XXは任意)
【変更概要】
ジェネラルリリース
【アップデート注意点】
- WEB管理画面にアクセスし、右上のInfo→Hardware version から、Rev 3.0.0であることを確認してください。)
- WEB管理画面にアクセスし、右上のInfo→Firmware VersionからNGW2.2.0.6_367.P1.XX.XX(XXは任意)であることを確認してください。

【ダウンロード先】
https://portal.cc-arc.com/ja-JP/docs/firmware/VG3XE_2.2.0.6.371.img

 

 

 

 

【サポート情報】Fanvil X7A に対応したファームウェア(ジェネラルリリース)がアップデートしました 2.6.0.1153

【概要】
IP電話X7Aシリーズのファームウェア 2.6.0.1153(ジェネラルリリース)がリリースされました。
【対象機器】
X7A
【変更概要】
1 New Features
1) The function of pressing the return key to hang up when there is an incoming call / a call is added to the web page.
2) The Call-id in the SIP protocol supports the user-customfield functionality.
3) A new display type configuration item is added on the webpage, which supports search and list.
4) Whether a popup configuration is added on the page.
5) Extended function key URL subtype.
6) Compatible with the Huawei enterprise address book.

2 Optimization
1) Optimize the XML Browser functionality.
2) Optimize contact-related translation issues.
3) Optimize the call ringing tone for a small sound problem.
4) Optimize device popup button color is blue.
5) Optimize the device in screensaver / hibernation, press the number key to open the dial and enter the number key into the dial.
6) Optimize the Huawei phone book incoming call interface.
7) Optimize video call compatibility-related issues.

3 Bug Fix
1) Fix the problem of repeated display of call records.
2) Fix When OK key is None, long pressing OK key will notrestore the factory.
3) Fix the problem of automatic recording jam after transfer.
4) Fix the problem that the search result cannot be found when inputting full characters when querying contacts.
5) Fix the problem that the RTP is selected as optional,and the peer can't hear hold music by pressing hold.
6) Fix the problem after calls different two numbers, the call record shows only one of the numbers.
7) Fix issues that automatic deployment cannot send DHCP Option 66 and 120 in special cases.
8) Fixed that the LDAP query name cannot be updated to the call record.
9) Fix black screen problems with answering video calls in special situations.
10) Fixed the Select H.265 encoded video call not displaying the image.
11) Fix the abnormal Android phone and postsip softphone video call tests.
12) Fix the select G.722 coding call exception after receivinga special length of voice data.
13) Fix the ldap domain name resolution problem.
14) Fix the problem of configuring recording in action plan and not stopping recording when hold.

【ダウンロード先】
https://cca-phone-firmware.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/x7a_fanvil_2.6.0.1153_20220729_full.zip